オフィシャルブログ

カブの確実なタイヤ交換をするには

Share on Facebook
LINEで送る

おはようございます。現在AM4:55

今朝はわりと余裕のある日でしたのでちょこっとブログを更新したいと思います。

新聞販売店の仕事には絶対に欠かせないスーパーカブ。

でもここ数年バイク屋さん、バイクの修理をしてくれるお店などが減り続けています。

店主さんの高齢化とともに跡継ぎの不在(バイク屋さんをやりたがらない子どもたち)

そしてやっぱりなかなか儲からないことが原因のようです。

そこで全国の多くの新聞販売店の店主は自力で

ある程度の整備が出来るように努力を始めました。

ご多分の漏れず遅ればせながら私もその一人です。

でもやってみたらなかなかこれが面白いんです。

上手く行かないから余計に熱中します(^^;

ということで1番はじめに覚えたことがパンク修理とタイヤ交換です。

タイヤの交換やパンクの修理時に必要なものがわからなかったため

ネットで探ったところ色々出てきました。

まずはこれ、タイヤレバー。IMG_0787

多くの方がこれを使用していたため購入してやってみましたが、新しいタイヤをホイールに

はめ込む段階で、このタイヤレバーでチューブを一緒にこじってしまい

穴を空けてしまい2回、3回と失敗・・・。

なんとかならんもんかなぁ・・・と「そうか少しチューブに空気入れて膨らませておけば

チューブを一緒にこじることもなくなりそうだ、と思ったけど上手く行ったりいかなかったり

「うーん・・・やっぱこのタイヤレバーの太さ、先端の形状に問題ありそうだな」(自分の下手さを棚に上げて)

で探しあてたのがこれでしたIMG_0786

商品名:TOPEAK(トピーク) スーパースチール タイヤ レバー

本来は自転車用らしいですが自転車用にもかかわらず本体はスチール製で頑丈、

なによりも先端の形状がバッチリ!これでタイヤ交換をすると

間違いなくチューブを傷つけません!タイヤ交換がへたくそな皆さんにお勧めですw

続けて必要なのがこれIMG_0742

ビードWAXです。ビードというのはこの歯ブラシが挟んである場所

IMG_0743ここにWAXを塗っておかないと上手くホイールに

タイヤがはまりません。はじめはスポンジで塗っていたんですが、なぜか手荒れがひどく

今では歯ブラシを使っています。

そしてチューブをホイールとタイヤの隙間にはめ込んで行く時

バルブを最初にはめてからチューブを入れていくんですが

そのバルブが簡単に入らずにイライラします。それを解決してくれたのが

エアバルブプーラーこれですIMG_0739 IMG_0740プーラーの先端を先にホイールの内側から差し込み

バルブにつなげておいて少しずつ引きながらバルブを押し込んでいくと・・・

あら簡単!「なんて簡単にバルブがはまるんだ!」

ということでタイヤ交換&パンク修理時にあると便利なグッズを紹介しました。

ちなみにリムバンドは毎回ちゃんと交換しないとダメですね。

出来たら幅の広い厚みのあるヤツがお勧めです。

では次回まで「ばいなら」