み・まも~るとは

み・まも~る

新聞が取り入れられていない事などを目安に異常事態を察知し、安否確認をするとともに、
あらかじめ登録して頂いた緊急連絡先に連絡をする無料のサービスです。

中日新聞ご購読者様なら誰でも申し込みできます!

中日新聞販売店による無料の読者安否確認サービスです。
注文新聞販売店が読者に対して行う無料のサービスで、救命を義務とするものではありません。

拡大画像はこちら https://www.chupla.co.jp/60005095/wp-content/uploads/2017/02/0b28f78fe88de22fea13bb10942a3439.jpg

「み・まも~る」はこのような方々に役立っています!

・1人暮らしの高齢者

・高齢のご夫婦

・1人暮らしの若者

・身内や親戚が近くに住んでいない方

・怪我や病気で一人で生活できない方

離れて暮らすご家族の方からの申し込みも受け付けています。

「み・まも~る」の流れ

①「み・まも~る」に加入!
中日新聞の読者様なら誰でも「み・まも~る」に加入することができます。
登録された方のお宅に新聞が溜まっていないか、新聞配達員が日々チェックいたします。

②新聞が溜まっている等の異常が発生

③スタッフが異常を察知

④スタッフより販売店に連絡

⑤訪問や電話などで確認

⑥確認がとれない場合、登録された緊急連絡先へ連絡

⑦安否を確認

見守り事例をご紹介 見守り事例1 『一命を取り留める』

夕刊配達の時に朝刊が取り入れてない事で異常に気づき、縁側へ回ったところ、脱水症状で倒れているのを発見。 救急と家族に連絡し一命を取り留めた。消防署長からも”地域の見守り役”に感謝状。

見守り事例をご紹介 見守り事例2 『ほっと一安心』

「息子に何度電話しても出ない。見てきてくれないか。」とお父さんから販売店に電話。アパートに伺うと「たまたま外出していた」とのこと。
こんなお役の立ち方もあるのだと納得。

~ 豊川市高齢者みまもり隊(豊川市高齢者地域見守りネットワーク)について ~

豊川市高齢者みまもり隊(豊川市高齢者地域見守りネットワーク)の詳細はこちらをご確認下さい。

豊川市高齢者みまもり隊(豊川市高齢者地域見守りネットワーク)とは?

高齢者の行方不明や孤立死といった事件・事故を未然に防ぎ、万が一の際の早期発見保護につなげて、高齢者の方が地域で安全・安心に暮らせるよう、地域の多様な方々や組織・団体の皆様の登録により構成しているものです。

見守りってどんなことをするの?

・日ごろから見守りが必要な高齢者の把握に努めます。
・高齢者の異変に気付いたら!⇒速やかに市や警察に通報します。

想定される異変例

・新聞、郵便や乳製品等の配達物が溜っている。
・何日か呼びかけても反応が無い。
・数日前から洗濯物が干したままで、取りこまれない。
・昼間に雨戸が閉じたままでいる。
・昼間に電気が付けっ放しでいる。
・夜間になっても電気が付かない。など…

市から行方不明者発生の連絡があったら!
⇒情報提供依頼に応えます。
⇒自らの業務に支障のない範囲で捜索に協力します。
⇒行方不明者を発見・保護したら、市や警察や家族の引き取りまで一時保護します。

誰でもみまもり隊に入れるの?

事業の趣旨に賛同いただき、高齢者を見守っていただける方なら、どなたでも登録できます。
なお、認知症の方を相手にすることもありますので、認知症サポーター養成講座を受講していることが望ましいです。認知症サポーター養成講座の詳細については、こちらをご覧ください。

登録はどうやってするの?

ネットワークからの情報配信は、インターネット契約をした携帯電話やパソコンに対して行います。配信される情報は、行方不明者捜索の協力依頼のほか、詐欺・悪質商法情報など、高齢者の見守りに役立つものとなります。登録の詳細については、こちらをご覧ください。